スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

【雑記】倉山満『大間違いのアメリカ合衆国』読了


倉山先生の新刊。
大統領交代を控えたアメリカ合衆国本。

嘘だらけの日米近現代史」の補完的な内容と感じました。
「間違いだらけ~」シリーズ等、倉山先生の著作で何度も言及されている
ウッドロー・ウィルソンやF・D・ローズベルトの解説は少な目で「過去の著作を参照してね」となっていて、
代わりにセオドア・ローズベルトやハーバート・フーバーの解説に紙面を割いていたり。

1章では
アメリカ陰謀論やユダヤ陰謀論の嘘について語られています。
TPP亡国論の嘘についての解説も面白かったです。
日米貿易摩擦の歴史についてもっと詳しいことを書いた本があったら読んでみたい。

2章・3章ではアメリカの選挙についてやトランプが支持される背景等など。
「差別をやめたら文化が消える」「日本以上に被差別者だといえば差別ができる」
等、すごく笑えない話満載でした。
開拓時代のアメリカを指して「アメリカは天下統一できてない!」は笑えましたが。

4章では歴代大統領の採点表とランキングがありましたが、
1位の人はちょっと倉山先生の贔屓を感じましたw
日本人なら贔屓してしまうのもわからなくもないかも!?
というエピソードが語られています。

この本のメッセージはあとがきがすべてかなと。
アメリカの大統領が決まる前にみんなに読んで欲しいと思える本でした。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

小豆

Author:小豆
「軍靴のバルツァー」の感想を書きたくてブログ始めました。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

Twitter
アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。