スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ハーレムは永遠に『極黒のブリュンヒルデ』17/18 岡本倫



シリーズついに完結!!

いきなり表紙に驚愕。18巻だけだと主人公とメインヒロインのツーショットで違和感ないのですが、
17巻とセットで見ると村上とカズミが手を繋いでる!?
カズミエンドなのか?ヒロイン交代か!?と困惑しつつ本編を読みました。

村上のスーパー記憶力は天性のものだと思っていたのですが、
"宇宙人"と関係があったのかい。
てか、敵のボスが父親なのは定番すぎるからまあいいとして、
前巻でかませ犬として死んだマキナが
村上の弟の勇太だったのにはナンダッテーすぎました。
あいつ本名は勇太だったのか。
あの顔して勇太かー。
高屋の弟と言われたほうが納得いくような。

ずっとどうなってたのか心配だった土屋さんが再登場したのは嬉しかった。
勉強しかできなさそうな女性だったのが嘘みたいに
極悪ヴァンガルフに適応していたのには笑いましたが。

細かい伏線回収は雑に感じた部分もなくもないですが、
きちんと完結してくれたことで一安心。

恋愛関係はハーレム物の限界を感じてしまいました。
個人的にはずっと寧子一筋の主人公だったわけだし寧子以外は滑り台でもよかったんじゃないかと思います。
カズミはお前メインヒロインなのか!?ってくらいいつもいいところ持って行き過ぎですね。
使い勝手のいい能力に積極的な性格と見せ場が自然と多くなるのはわかるのですが、
最後は寧子に華を持たせてあげて!
それとも表紙からして実はカズミがメインヒロインだったのかしら。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:集英社  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

小豆

Author:小豆
「軍靴のバルツァー」の感想を書きたくてブログ始めました。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

Twitter
アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。