スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

乙女の戦争はつらい『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァ―ルカ』6 大西巷一



これまでほぼ無敵だったターボル軍のワゴンブルク戦術をついに破る敵が現れた。
その名もフィリポ・スコラーリクマン人の弓騎兵軍団。

傭兵からの成りあがり騎士フィリポは
騎士としての高潔さは持たず、勝つ事に拘る。
ヤン・ジシュカと似たようなタイプですな。
これから強敵になりそう。

クマン人は馬で高速移動しながら弧を描くように弓矢を放ち、
ワゴンブルクを悠々と乗り越えてきます。
しかも撤退のふりをしながら馬上で後ろを向きながら弓を撃ち
追撃部隊もほぼ壊滅させるという。
そして騎馬民族=野蛮のイメージを覆すことなく
男は皆殺し、女は捕虜にして奴隷化。

今回はいつにも増して女の子が酷い目に遭っています。
女子が戦争に参加したら普通こうなるよね…ということが普通に起きてる。
とはいえ天使隊の女の子はただやられるだけではない。
開き直って女であることを利用しつくすラウラ達のたくましさよ。

ターボル軍は過去最大のピンチ。
戦況の混乱で兵たちが散り散りになり、
要である指揮官ヤン・ジシュカとジシュカの補助役サーラが
人質2名と共に崖から落ち、皆と離れてしまう。

てか、バルバラ様が人質になる展開にはびっくりですよ!
后妃がこんな簡単に人質になっていいのかー!と思いつつも
人質になっても図太いバルバラ様が可愛くて面白い。

バルバラ様はジシュカに十字軍に寝返り、
フス派の兵を率いてトルコと戦うことを提案します。
結局ジギスムント達にとって一番の敵は異教徒のオスマントルコで、
フス派はさっさと片付けたい厄介な中ボスみたいなものなんですね。
対トルコで戦果をあげれば信仰の自由を認めてくれる。
これだけ聞けば穏健派フス派にとってはいい話ですが、
ジシュカさんはキリスト教世界の覇権はフス派が握ると大風呂敷をひいてたし
どうなるかなあ。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:双葉社  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

『乙女戦争』第6巻発売!

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ : 6 (アクションコミックス) [Kindle版]ブログでのお知らせが遅くなりましたが、5月12日に『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』第6巻が発売に ... 巷にひとり在り - 2016.05.23 23:32

プロフィール

小豆

Author:小豆
「軍靴のバルツァー」の感想を書きたくてブログ始めました。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

Twitter
アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。