スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

世紀末対馬『アンゴルモア 元寇合戦記』第3巻 たかぎ七彦



蒙古軍との戦いがいよいよ激しくなってきました。
ヒャッハーな見た目のキャラが多いのでまとめてみました。

・高麗軍将軍(画像は2巻)
アンゴルモア3巻_1
典型的な中華系の敵役顔
この時代のコリアこと高麗はモンゴルの手下だったのよね。

・女真族
アンゴルモア3巻_2
後に清帝国を築く人たち。
当時としてはきちんとした髪型なのかもしれないが
自分の感覚だとヤンキーにしか見えない。

・蒙古将軍 ウリヤンエデイ
アンゴルモア3巻_3
てこのビジュアル、めっちゃいい人そうだな
実際仲間想いのいい人みたいですが。
仲間とはもちろん蒙古のことで、対馬軍にとっては強敵だけど。

・ついでに倭寇
アンゴルモア3巻_4
味方だけど鬼剛丸
こいつは悪党だけど主人公にとってはいいやつフラグがむんむんする。

あと1巻から行方不明だった
お金にがめつそうなおじさんが生きていて安心しました。
1巻途中からずっと画面から消えていたから
人知れず死んだのかと思ってましたよ。

対馬軍の状況はますます絶望的に。
首都たる国府も先回りした蒙古軍に焼打ちにされ、
迅三郎や輝日姫たちは民間人や疲れ切った兵たちを引き連れ
山奥にこもり、ゲリラ戦をすることに。
「鑓」はこの時代はまだ一般的な武器ではなかったのですね。
地の利を生かして応戦するも、
敵は対馬側にはない爆弾を投げつけてきて窮地に。
絶体絶命の状況なのにウリヤンエデイ将軍のいい人オーラが気になった。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:KADOKAWA  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

小豆

Author:小豆
「軍靴のバルツァー」の感想を書きたくてブログ始めました。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

Twitter
アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。