スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

大正内縁夫婦ラブコメ『大正処女御伽話』1 桐丘さな


時は大正。
金持ちの家に生まれた志摩珠彦は
事故が原因で右手が不随となり
養生の名目で田舎の屋敷に押し込まれていた。
世の中の全てに嫌気がさし、引きこもりの厭世家に成り果てていた珠彦のもとに、
夕月という少女がやってくる。
彼女は父が珠彦の嫁として買ってきた娘で…


処女」と書いて「ヲトメ」と読む。

処女という言葉をきくと
もっぱら現代ではアイドルスキャンダルや処女厨云々の
アレなイメージが付きまといますが
あとがきによると大正時代の処女の定義は
①赤ちゃんを産める体になっている
②異性と接したことがない
③結婚したことがない
だそうで

ちなみに自分のIMEでは「おとめ」と入力しても「処女」とは変換してくれませんでした。

大正時代を舞台にしたほのぼの系ラブストーリーということで
ジャケ買いでした。
最近時代物に弱いです。
戦国や明治維新のような動乱期も好きですが
日常的な内容の時代劇に特に惹かれるようになってます。
あと和服のキャラが可愛いかが個人的に重要。

購入の動機がそんななので絵的な面だけでかなり満足しました。
夕月も珠彦も可愛い。
着物の着こなしも小柄な夕月は肩揚げにしていたりと拘りがあってGoodです。

ラブコメとしては
ありえないくらいに健気で献身的な夕月に
気難しい性格の珠彦がどんどんほだされていくのが可愛いです。
ラブコメの定番である風邪の看病や都会へお出かけ(デート)に
丁寧な手料理とニヤニヤイベント目白押し。
カップリングが決まりきっているラブコメは見ていて癒されるなあ。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : ジャンプSQ.
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:集英社  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

小豆

Author:小豆
「軍靴のバルツァー」の感想を書きたくてブログ始めました。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

Twitter
アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。