スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

怖いけど頼もしい時宗『アンゴルモア 元寇合戦記』第4巻 たかぎ七彦



ウリヤンエデイさんはやっぱりいいキャラしてた。
味方に対しては温和でよい大将なのに
敵には容赦がなくて素晴らしい。
凄く人がよさそうな笑顔で
「ビタ一文渡しちゃダメだぞ!!」
というところが好きです。

弥次朗が死んでしまったのは意外。
これで事実上迅三郎が大将になるのかな。

迅三郎が流人になるまでの過去話が興味深かったです。
北条時宗がひ弱な坊ちゃん風で登場したのに
凄く腹黒の切れ者のようで。
陰謀に巻き込まれた迅三郎や名越時章は不憫ですが、
民からしたらこの北条時宗みたいな為政者は
滅茶苦茶頼もしいよなぁ。
国を守る政治は悪人じゃないとできないというか。

安徳帝が本当に出てきてしまいました。
でも思えば大河ドラマの「義経」も生存説採用していた。
安徳帝の隠れ家が鳥居から別世界みたいで神秘的です。

やたら義経の名前も出てきますが、
いっそ義経生存説も採用したら笑えます。
ウリヤンエデイさんのおじいさんは義経だったんだよ!
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:KADOKAWA  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

小豆

Author:小豆
「軍靴のバルツァー」の感想を書きたくてブログ始めました。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

Twitter
アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。