スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

百合も感動もエロもあるよ『このはな奇譚』1 天乃咲哉


此花亭奇譚」の続編。
続編だとは分からないくらいこれから読んでも問題ない。

基本的には不思議な温泉宿で
仲居である狐の少女・柚が仲間たちと共に
人外のお客様たちをおもてなしする語。
感動系あり、コメディあり、百合風味ありと
1話1話で雰囲気を変えてきています。

1巻で一番ツボだったのは
生者だけど此花亭に迷い込んだお爺さんと少年物語である「てのひら
カイト君の正体がそうきたか!という驚きと
人が前向きに歩いていくタイプの感動話がよかった。
カイト君は子どもでも大人でも可愛い。

蓮と棗はもはや疑似男女カップルを見ている気分になるくらい
ガチ百合な一方で、柚と皐は普通の友達に見える。
柚が純真すぎてそういう目でみれないというのが大きいが。
スポンサーサイト
テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:幻冬舎  Trackback:0 comment:0 

安定した可愛さ『このはな奇譚』2 天乃咲哉


不思議な宿屋を舞台にした百合風味漫画第2巻。

表紙の絵が可愛くて、中身も作者のこともろくに知らずに買いましたが
それで正解だったと思える。
和風な世界で可愛い女の子たちがきゃっきゃしてる話が読みたければお勧め。

基本関に全編ほのぼの路線だけど
シリアスよりとコメディよりの話が交互にくる構成。
シリアスでもコメディでも柚の可愛さは安定しています。

てかこの漫画、感想書こうと思うと
「柚可愛い」
「兎の従者可愛い」
「手のひらサイズでお風呂入る皐ちゃん可愛い」
とか「可愛い」以外に言及するのが難しい。
あと呪いの人形がレギュラー化してて笑いました。

ところで柊姉さんとあやめさんはやっぱり百合ップルなのかな?
テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:幻冬舎  Trackback:0 comment:0 

謎めいた2人の過去『GANGSTA.』3 コースケ


ショタウォリック可愛い!
ショタキャラ自体には興味はないのですが
おっさんになった時とのギャップですごく可愛く見えます。
現在の陽気なウォリックと比べると少し影があるところも、
間にいろいろあったのだろうなと想像力を掻き立てられます。
こんな可愛い少年が1年後にジゴロになるとかそんな馬鹿な…。

ギャップはほとんどなかったけれどニコラスも可愛いかったです。

てなわけで3巻はほとんど過去編でした。
ウォリックとニコラスの出会いや
黄昏種の謎について少しずつわかってきた一方で、
すごく肝心なところは濁されたような…。

カバー下の絵は2人の夢…にしか見えなくて切ない。

ヤバそうな新キャラが出て来ました。
このエリカという女黄昏種が次のボスキャラでしょうか。
顔が見えないけど、ちょっと好みの雰囲気のキャラだ。
テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:新潮社  Trackback:0 comment:0 

【雑記】「進撃の巨人」のゲームを購入



サモンナイト6も購入予定だというのに進撃のゲームを買ってしまいました。

進撃ゲーム_20160310_3
アニメとは別の意味で画面が美しい。

進撃ゲーム_20160310_1
ただ操作がすっごい難しい。
私はアクションゲーは苦手で作業ゲーが好きなんだ。

進撃ゲーム_20160310_2
ダウンロード販売の衣装可愛いけど課金するか悩むところ。

サモンナイト6を優先的にプレイしつつ、息抜きに進撃ゲーを続けていきたい。
テーマ : 進撃の巨人
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

【雑記】サモンナイト6 プレイ開始



サモンナイト6を購入しました。

サモンナイト6_0311_1
とりあえず1話だけサクッとクリア。

基本的に初回プレイ時は女性主人公を選ぶのですが、今回は最初に主人公選べない!?

サモンナイト6_0311_4
男主人公のラージュ君クール系なのかなと思っていましたが
逆で明るい無邪気系でした。
可愛い。

サモンナイト6_0311_5
難易度は"かんたん"で戦闘はサクッとクリア。

4→5の時のシステム変化には驚いたけれど、
今回もシステムを変えてきたようで。
個人的には4までのシンプルなのが好きなんですけどね。

6はシリーズ15周年のお祭り的な内容だそうで
歴代キャラ総出演なのは続編というよりファンディスクをやってる気分。
舞台もリィンバウムではないし。

最初は今までのシリーズと違って主人公の声が出るんだと思っていたら
シナリオの重要なところ以外は全員(主人公以外も)声が消えたり
OPアニメが明かに5と比べると安っぽいところが気になりました。
予算の問題?

思い入れのある1のキャラたちが出てくるまでガンガン進めたいなー。
あともう1人の主人公のアムちゃんにはいつ会えることやら。
テーマ : サモンナイト
ジャンル : ゲーム

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

【雑記】倉山満『嘘だらけの日英近現代史』読了



個人的にはまっているくらら先生の歴史本シリーズの5作目を読了。

特に印象に残ったところを箇条書き
・中世のローマ教皇は「世界征服をたくらむ悪の秘密結社の首領」
・ヨーロッパの王たちを宗教で洗脳して十字軍でパシるローマ教皇
・女とヤりたいがためにイングランドの近代化推し進めたヘンリー8世
・ゲスの極みの妻帯者と不倫して酷い目にあったベッキーエリザベス1世
・クロムウェルとかいうテロリスト
・ネル姉ちゃんに萌えてるくらら先生
・パーマストン子爵「世界征服するのはわが英国だ」
・パーマストン子爵が石井菊次郎、ウッドロー・ウィルソンに続いて
 シリーズレギュラー入りする予感
・高杉晋作「クーデター成功した報酬に英国留学させろ」
・伊藤博文はもっと評価されるべき
・アジア主義にかぶれて外交迷走する戦前日本が
 今とあまり変わってなくて笑えない
・近衛文麿という名の昭和の民主党
・日本のせいでかわいそうなことになったリットンさん
・チャーチルは売国奴

今回も面白かったです。
イギリス史の登場人物濃すぎぃ!
この手の本を読むたびに学校で教える歴史は分かりにくすぎてよろしくないと思います。

あとがき見るとこれがシリーズ完結編だ!と言いたげなくらい
くらら先生の完全燃焼っぷりが伝わってきましたが
懲りずに次回作も執筆して欲しいです。
(日独近現代史とか期待しています。)
テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

別冊少年マガジン 2016年4月号 感想



新連載 キラーキラー
#1「MURDER FOR MURDER」
殺人鬼を殺す殺人鬼?
夜神月君かな?

シリアスなのか、それともシリアスな笑いを狙っているだけなのかが
よくわからなくて戸惑いました。
ネウロみたいに不条理さを楽しむにははじけ切れてないしなー。

脅迫の手紙が来たのが4日前なのに
捜査官が派遣されるのが指定日の前日とか
そこは突っ込んでいいとこなのか悪いところなのか。
どういうスタンスで読めばいいのか3話くらいまで様子見。



進撃の巨人 LOST GIRLS
第参話「ひこうき」
ロリミカサは可愛いな。
今のミカサも十分可愛いのですが、ギャップがあるのがいい。
歳をとってすごく変わるキャラが好きです。
とはいえエレン大好きなところは全く変わっていませんが。

ミカサ視点で見ると本当にエレンはつれないな~(笑)
たまにはミカサのことも見てあげて!



女王陛下の補給戦
第5話「老練の英雄」
この漫画に不満があるのは、ミリタリー漫画によくある
戦争の厳しさや冷徹さを期待していた裏返しです。
補給兵だったら限られた資源をどこに回すかの苦悩や優先順位の決め方なんてのを期待していたのですが、
蓋をあけると少年漫画補正で切り捨てられるはずの部隊にも
物資を補給するというゴリ押しが通じてしまう点にがっかりしてしまうのです。
「補給兵だからすべての兵に補給して当然だ!」ではないと思うのですが。
まあ個人的な好みに合わないってだけの話なのですが。

そんなわけで今月は途中までは面白かったのですがオチはやっぱりいつもの感じでがっかりしてしまいました。



29歳独身中堅冒険者の日常
第3話「お父さん?」
ヒロインがサキュバスだと発覚した途端急に話がエロく見えてきた。

新キャラのサキュバスのお姉さんが好みのタイプだぞ。



金のタマゴ
8本目「ここがスタート」
個人的にタマコはうざい8割面白い2割のキャラ。
イカ娘みたいな人外ロリキャラだったらこういう「ウザい」もすべて「可愛い」に変換されるのですが
社会人でこれは…と思うところが多い。

回転木馬さんは好きです。



寄宿学校のジュリエット
第10幕「体育祭とジュリエット」
次号で声優の茅野愛依さんとコラボ企画!?
まだ早い気がするのですがメディアミックス期待していいのかな?

卓上カレンダープレゼントのコーナー
ペルシアはもちろん可愛いのですが、
隣でペルシア萌えを語るシャル姫の絵がエロくて気になってしまいました。(使いまわし絵なのに!)
別マガ2016年4月号

シャル姫がただの百合キャラで終わるのも惜しいなー。
露壬雄にはペルシアに一途でいて欲しいですが
シャル姫でラブコメ展開を少し見たくなってきて複雑です。
てかこんなにエロいのに何で今月のチアガール姿は
シャル姫があんなに小さいのー。

アビはこの漫画で初めて出てきた悪役ではないでしょうか。
少年漫画っぽいノリになってきました。



トモダチゲーム
第29話「お手並み拝見だね」

「なぜならあいつはまだ"童貞"だ」←1ページ使って決め顔で言うセリフか!

そうドヤ顔でいう天智や友一が童貞でないのか気になりました。

3人の中の嘘つきが予想通り池市でよかった。
とはいえ四部を信じることはこのゲームのスタートラインにすぎないでしょう。
ここからクラスメイト説得はしんどいことに変わりはないわけで
合流した友一とともに天智がどう出るか楽しみです。
にしても天智は元ストーカーとは思えないくらいいいやつになったなあ。



かつて神だった獣たちへ
第18話「冥府の番犬①」
休載明けなのに短いようなと思ってページ数を数えたら18Pだった。

クロード君は女性人気高そうなキャラだと思いました。



進撃の巨人
第79話「完全試合」
巨人のくせにサッカーを嗜むベルトルさん。
ベルトルさんのくせにエレンをいじめるなんてミカサが黙っていない!と言いたいところだが
この状況はミカサにもどうしようもないしなあ。

解決策が浮かばないアルミンが指揮権を移した相手がジャンなのが…。
ジャンとアルミンってコンビとしての相性がなかなかいいですよね。

ベルトルさんを何とかしたとしても猿巨人がいるし
この状況を打破するには以前の"座標の力"しか方法がない気がするのですが。



アルスラーン戦記
第三十三章「サームの帰従」
最近のヒルメスさんは苦労人だったり人助けしたりと
人間らしいところがよく出ていたから忘れかけていましたが
この人が悪役だったことを思い出しました。

おデブな王様が可愛く見えてきて困る。
くまモン的な可愛さ。

ギスカールさんが同僚にも上司にも恵まれなくて泣ける。
敵陣営面白い。
テーマ : 別冊少年マガジン
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:別冊少年マガジン  Trackback:0 comment:0 

軍靴のバルツァー 49話 「突撃行」



今月のトランプはハート
K → アウグスト王子
Q → ヘルムート
J → ユルゲン
でした。
ヘルムートちゃん美しい。



中島先生がこのようなことをおっしゃっているので
今度トランプの意味を調べてみようかな。

もうダイヤで3枠しか残っていないけど
主人公、歩兵科×2、砲兵科×2、中二扇動者がきていない。
どう来るのかな?



<本編感想>

突撃はロマン。
敵とはいえ大勢で着剣して突撃する部隊は燃えます。

鉄条網&塹壕大活躍。
死体を鉄条網にかぶせて突破を試みる始末。
現実では鉄条網は破壊と引き換えに命を落とした兵士をたたえる銅像が作られるくらい
危険な兵器なんですよね。

ここまで味方サイドしか使ったことがない鉄条網ですが
いつか敵が使ってそれを突破しなければならないという事態になったらどうなるのでしょう。

ユルゲンのいる南部貴族連合にも出撃の指示が出てしまいました。
ユルゲンどう出るかなー。
ヘルムートがいつ戻ってくるかがカギになると思うのですが。

鉄条網を突破してきた兵は秘密兵器で対応するようで。
レトロ感あふれる道具を出してきましたが爆弾か何か?
リープクネヒトが得意な兵器らしいのですが、
外伝でリープクネヒトは爆弾を使っていましたよね。

今月の暮らしのワンポイントは「誰でも簡単歩兵突撃の方法!」
昔はもっと生活に関する情報が多かった気がしますが…w
テーマ : @バンチ全般
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:軍靴のバルツァー  Trackback:0 comment:0 

月刊コミック@バンチ 2016年5月号 感想


今月号は普段買っている本屋さんになくて3件ほど梯子してしまいました。
もしかして部数減ってる?
うちの近所だけだとよいのですが。

GANGUSTA.が2か月連続で休載ですが大丈夫でしょうか。



パパと親父のウチご飯
第22話「あんかけうどん」
具の種類が少ないシンプルなうどん。
男の料理って感じがする。

清一郎の親権問題は次回に続く。
なんだかんだで清一郎がパパと一緒にいたいと言って戻ってくるんじゃないかな。
清一郎ママも子どもの気持ちを無視するタイプではなさそう。
ママとも一緒にいたいというのが本音かもしれませんが。



死役所
第29条「愛する人②」
自殺はやっぱりミスリードだったみたいでよかったー。
息子も幸せになれたみたいでよかった。

ニシ川さんは髪長いほうが好み。



兎が二匹
最終回「兎が一匹」
ほんのわずかに希望を残しつつの読者のご想像にお任せしますエンド。
限りなくバットに近いグレーエンドだこれ。

あー、でもこの形が一番なのかな。
サクと再会してハッピーエンドになったらよくも悪くもあとに引くものがなかったかも。

何気に変態マッドサイエンティストが一番幸せな真人間になっていて笑いました。



新連載 おもたせしました。
第1話「浅草の太多福」
バンチ編集部はどれだけ飯漫画が好きなんだ。
絵柄の系統と眼鏡和服ヒロインなせいか「最後の小料理屋」と被る。

壺に入ったおでんは美味しそうだったけど2人分で5000円はしゅごい…。



指名手配犯
SUBJECT:001 スーパーレコグナイザー
「13人の重要指名手配犯」が登場。
なんか「○人の○○」ってのが出てくるとワクワクします。
全員が登場するまで連載が続くといいのですが。
にしても毒島という名字の悪役率の高さよ。

ネットフェイスみたいな技術はロマンがありますね。
リアルだとどこまで進んでいるのだろう。

「んなポーズ必要ねェ おとなしくしてろ」←お前がいうな!!



猫とふたりの鎌倉手帳
第21項「温泉に行きたい」
こういうのを読むと休日に家で凝った食事を食べたくなる。



最後のレストラン
Guest.36「真田幸村(冬の陣)」
ドラマのキャストが発表。
ライアーゲームのきのこがいる!
ナポレオンが武田鉄矢とか欧米人も日本人がバリバリ演じるようでw

大河ドラマ便乗来たー!と思いきや
作者が幸村大好きだったのね。
幸村が好きすぎるあまり家康が嫌いだそうで…。
自分の友人には光秀が好きすぎるあまり家康が嫌いな人がいます。
家康不憫。



ブルーサーマル
第11話「着陸」
空知先輩のトラウマスイッチが。
まあつるたまは死なないって。



双子の帝國
第8話「古い家」
ガウ君…君は…まさか…
エッチな事をしたくてフアちゃんを買ったのか!?
やだー!性欲なんてなさそうな顔しといてムッツリじゃないー!
※ガウ君はまだ抱くために買ったとは言っていません

意外とガウ君に優しくしてくれた気のいい3人組は
光軍にやられそう。



本死にたまふこと勿れ-夏目文彦青春日記-
第十一話「文彦、思考錯誤。」
文彦の行動力。
もう自分で本屋を作ればいいんじゃないかな?



向ヒ兎堂日記
第四十一帖「狐面の正体」
タエさん危機一髪。
異式怪異サイドはふんだりけったり?




軍靴のバルツァー
第49話「突撃行」
感想はこちら



特別読切 死神少女ちぇるのちゃん
絵柄は少し前の少女小説の挿絵みたいなメルヘンさなのにギャップが酷い。
絵が可愛いことが救いですが、話の内容は地味に悪趣味で好き嫌いが分かれそうですね。
テーマ : @バンチ全般
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:月刊コミック@バンチ  Trackback:0 comment:0 

女将さん祭り『このはな奇譚』3 天乃咲哉


表紙の蓮とお菊ちゃん可愛い。

今回は各話が濃かったので1話毎感想で。

<神様の休日>
櫻回とおもいきや女将さんが全部持って行ってしまった。
柚たちも歳とったら狐頭になってしまうのか…。



<わたしの人形は、よい人形>
呪いの人形ことお菊ちゃん回。
お当番回を持つなんて、すっかりメインキャラの一員ですね。

トイストーリーみたいな話でした。
人形には、傷や汚れにも思い出がある。
大切な人形をなくしたからといって、同じものを買えばいいわけではない理由ですね。



<大晦日の奇跡>
ただの大晦日不思議話と見せかけて
女将の過去&此花亭誕生秘話という濃い回。
このはな奇譚らしい良い話でした。

女将…(いろんな意味で)変わり過ぎでしょ…。

最近自分が読む漫画で宇迦之御魂神様の出演率高いな。



<恋い待ち焦がれ>
見た目が好みの可愛い新キャラ来たー!と思ったら男だったよエーン(ノД`)・゜・。

というわけで蓮に恋のライバル(?)出現の巻。
幼馴染の棗に素直な態度で接することができないツンデレの蓮。
そこに棗に一目惚れして積極的にアプローチする葵が現れた。
素直に棗への好意を示す葵にやきもきする蓮。

そんな時、棗と葵が部屋で2人きりでくんずほぐれずしているところを目撃してしまった蓮。
思わず2人を止めに入ると衝撃の事実が発覚。
なんと、葵は棗の男らしさに惚れた男の子だったのです。
「なーんだ、棗と葵がいい感じに見えたけど、葵が男なら問題ないわね」と安心した蓮。
めでたし。めでたし。

ちなみに棗と蓮が女葵が男です。
わけがわからないよ…。

このナチュラルレズコンビめ!
テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:幻冬舎  Trackback:0 comment:0 

アクアの素敵な秋と冬『ARIA The MASTERPIECE』2 天野こずえ


分厚くて豪華な完全版第2巻。

ここまで20話まで収録ですが
まだ灯里、藍華ちゃん、アリシアさん(+暁さんとアル君)しかいないんですね。
メインが3人だけでも全然違和感ないなあ。

2巻では灯里たちも冬服に着替え、
枯葉舞い散る秋から年末年始のお祭りまで。
3月とはいえ肌寒い気候が続いているので
季節感を感じながら楽しく読めました。

ゴンドラ掃除中にホースの水で虹を作った後に、
石鹸水が混ざった水溜りを見て
「さっきの虹が水溜りに落ちちゃった」
という灯里…というか天野先生の感性はすごい。
テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:マッグガーデン  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

小豆

Author:小豆
「軍靴のバルツァー」の感想を書きたくてブログ始めました。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

Twitter
アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。