スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ミソニ様が見てる『ミソニノミコト』弍


和風ネタ&ゆるい雰囲気で好きな漫画なのに2巻で終わってしまった。
題材的にもっと長期連載でも無理なくできそうなのに残念。
「このはな奇譚」のように復活することを願います。

2巻は天照大御神、月読命、大国主、少名毘古那と有名どころが続々登場。
特に月読様がコミュ症キャラとして登場して目立っていました。
天照大御神様はロリっ子として登場。
式年遷宮のたびに若返るという設定なのだが
一コマだけ出てきたお姉様姿のほうが個人的に好みです。

神様がTVゲームをしていたり時代に合わせて乗り物を変えたり
時に現代風の服を着ているのが面白い。
日本人の心の中でもっと神様がたくさん生きていた時代は
その時代に合わせて神様の姿も変わってたんじゃないかなと思う。
今も神道が大事にされていたらパソコン神社とかできていたのかな…。

物語は無事瑞穂が大学生になって終了。
ミソニは最後まで見事に役に立たなかったのがあっぱれです。
スポンサーサイト
テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:芳文社  Trackback:0 comment:0 

児童文学漫画『アンネッタの散歩道』全3巻 清瀬赤目



アイルランドに住む妖精のメイヴは、
文通相手の人間の少女・アンネッタに会うために、
幼馴染のモリー、レプラホーンのディンクと共に
タブリンへ行く冒険をする。


可愛い絵柄にケルティックな世界観の組み合わせに惹かれて購入。

きらら系漫画というとアニメ化している作品や
ファン層の影響からか萌え系男性向けのイメージが強いのですが
この作品は児童文学が好きな若い女子のほうが楽しめるのではと思いました。
可愛い絵柄に優しい物語で、絵本を読んでいるような楽しさがあります。

小物や自然物もしっかり描かれているのがポイントが高い。
ファンタジー漫画はキャラだけでなく背景の絵のこだわりも大切だと思う。
テーマ : まんがタイムきらら
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:芳文社  Trackback:0 comment:0 

ゆる神道漫画『ミソニノミコト』壱 PAPA



日本を代表する宗教だというのに意外と漫画のネタになることが少ない神道を扱った漫画。
しかもきらら系の4コマ漫画である。

受験生の瑞穂はおばあちゃんの家に居候中。
ある日、おばあちゃんが瑞穂の合格祈願のお祈りをしたら
鯖の味噌煮(←!?)の神様である「ミソニノミコト」が現れる。
ミソニは合格の願いを叶えてくれると言うが…。

ミソニは鯖の味噌煮作り以外には取り柄がないので
当然受験勉強に役に立つわけでもなく
ふてぶてしくも瑞穂の家でゴロゴロしたり
ご飯を食べたり遊んだりしているだけである。
他に登場する神様もおからの神様や舞茸の神様と
やっぱり役に立たない。
だが、そこがなんともいえないゆるさを醸し出していて面白い。

八百万の神に対して神社が約8万しかないから
神社に祭られる神は勝ち組とか
信心を得るためにスーパーで鯖の味噌煮を押し売りするミソニとか
神様の世界が俗っぽくコミカルに書かれているのが興味深い。

神社でのお賽銭の仕方や
神棚のお札の位置等
日本人なら本当は知っていないといけないことをさりげに学ぶことができる。
軽く神道について学びたい人にもおすすめ。
テーマ : まんがタイムきらら
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:芳文社  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

小豆

Author:小豆
「軍靴のバルツァー」の感想を書きたくてブログ始めました。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

Twitter
アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。